Bito Cosmetic Dermatology

美容皮膚科

定義

美容皮膚科とは、『根拠のある美容治療』を目指す為に積極的に日本皮膚科学会内部の研究会がガイドライン作成などで後援して派生した言葉で、健康保険で治療の対象となる病気だけでなくシミやシワ、毛穴の開きなど皮膚の老化を改善する治療を行うほか、スキンケアの指導なども行う。

例えば、顔に腫瘍や湿疹などができた場合、腫瘍の切除や湿疹の治療は保険の範囲内で行うことができても、治療後の傷や色素沈着に関しては 保険でできる治療には限りがあります。 当院では、 医学的に根拠があり、治療実績も示されている美容機器 を使用することで可能なかぎり健康な皮膚に近づけるように、患者さん個人の要望にできる限りお応えできるように美容皮膚科の導入を決めました。

対象疾患

しみ、肝斑、あざ、しわ、にきび跡、傷跡、外傷性色素沈着、赤ら顔、多毛など

院内販売化粧品

AK-UV

AK-UV(日焼け止め)50g 価格 2800円(税別)

肌が敏感なかたのために開発された製品で、紫外線吸収剤をマイクロカプセルで包んでいて刺激を極力避けられます。さらに天然セラミド配合されていることで保湿効果も有しています。私が神戸大学で、アトピー性皮膚炎の患者さんを対象に行った治験が論文(皮膚の科学;2004, 236-242)になっています。取り扱い病院のみでの販売です。サンプルもありますので、敏感肌のかたはぜひ試してみてください。

AK-UV特徴

Excharm 基礎化粧品

化粧水  120 ml 定価 4104円 (税込み)
美容液 30 ml 定価 5400円(税込み)
エモリエントクリーム 40g 定価5400円 (税込み)
ご来院の方には特別価格で提供しております。

特許を取得した独自の製法による卵殻・膜末水溶液入り化粧水で、高い保湿力を有することが臨床研究で証明されています(皮膚 1999, 387-390)。透析患者さんを対象とした皮膚搔痒症に対する研究でも高い保湿力を示し、皮膚の痒みの改善効果があることも実証されています(皮膚の科学、2003, 128-134, 院長執筆)。長時間の保湿だけでなく、刺激が少ないことより敏感肌のかたの使用にも耐えうることが期待できます。保湿剤でお悩みのかたはぜひサンプルをお試し下さい。

エクチャーム論文

美肌・美白外用薬(院内処方)

トレチノイン・ハイドロキノン療法

0.025%, 0.05%, 0.01% トレチノインクリーム 2000円から(5g)
4%, 5%ハイドロキノンクリーム 2000円から(5g)

トレチノインとハイドロキノンという2種類の外用薬を使用します。両者の異なる作用をうまく引き出すことにより、時にはレーザーに匹敵するような効果が得られることもあります。

トレチノイン・ハイドロキノン著効

6ヶ月後

トレチノイン・ハイドロキノン著効

12ヶ月後

トレチノイン・ハイドロキノン著効


美容レーザー

レーザートーニング

肝斑 にも実施できる画期的なレーザー治療のひとつとして注目を集めています。患部に徐々にレーザーを照射することによって、メラニンの元を破壊し、ゆっくりとしみなどを取り除くことができます。かさぶたができるなどダウンタイムがないため、肌への負担がかからないというメリットがあります。また、治療の回数を重ねるうちに肌の表面のメラニンの量が減ることで顔全体が明るくなることやコラーゲンへの作用によるみずみずしい素肌の復活など rejuvenation(若返り) につながります。

RevLite

RevLite 概要
RevLite

  • Q-sw Nd:YAGレーザー
  • ConBio メドライト最新機種
  • 4つの波長(1,064・532・585・650nm)
  • 色素病変、リジュビネーションに対応
  • PTPモード搭載(ダブルパス)
  • 操作性の良いSIハンドピースとタッチスクリーン
  • 肝斑にてFDA承認



ご覧になりたい項目をクリックしてください。

抵抗性肝斑+組織黒変症

抵抗性肝斑+組織黒変症

表皮メラノーシス/光老化

表皮メラノーシス/光老化


治療例
肝斑治療例1

revlite治療

肝斑治療例2

revlite治療


ALEX LAZR

ALEXロゴ
ALEX LAZR

メラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長(755nm)を有するレーザーです。Q-スイッチ(Quality Switchingの略)と呼ばれるシステムによりレーザーパルスの照射時間が非常に短く、周辺の正常組織への影響を最小限に抑えた安全な治療が可能です。

対象疾患

太田母斑、外傷性色素沈着、異所性蒙古斑(保険適応) しみ、ほくろ、老人性色素斑、雀卵斑、扁平母斑など


ご覧になりたい項目をクリックしてください。

老人性色素斑

老人性色素斑

太田母斑

太田母斑

老人性色素斑

老人性色素斑


治療例
Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるしみの治療例1

Qスイッチ治療

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるしみの治療例2

Qスイッチ治療

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるしみの治療例3

Qスイッチ治療


フラクショナルレーザーとは?

フラクショナルレーザー

フラクショナルテクノロジーとは、レーザーをマイクロドット状に照射する技術で、この技術を搭載したレーザーをフラクショナルレーザーと呼びます。

皮膚の深部に熱ダメージを与えることで、コラーゲンが再構築、増殖し、皮膚の若返り効果が得られます。

1回の治療で約20%の皮膚を入れ替えます。

適用疾患
  • しわ,傷跡,ニキビ痕,毛穴
  • リジュビネーション(若返り)
  • 妊娠線などのストレッチマーク

症例はこちらをクリックしてください。

症例写真1

fractional症例

症例写真2

fractional症例

症例写真3

fractional症例

受傷後短期間の外傷後瘢痕にはかなり有効です。

治療例
目じりのしわ治療例1

fractional治療

目じりのしわ治療例2

fractional治療



CO₂RE

CO2REロゴ

基本的には非常に高温な炭酸ガスレーザーにより軟組織を焼灼する治療機器ですが、デジタルコントロールされたレーザー波形により様々な出力、レーザー形状などを実現できる最新機種です。本機は症例により多様なモードを使い分けすることができ、ほくろなどの小良性腫瘍の焼灼切除からニキビ痕などの改善を目的とした肌の再生治療も可能な機種です。対象疾患は、ほくろ、いぼ、傷跡、ニキビ跡などです。

CO2RE製品仕様



1540 FRACTIONAL

1540ロゴ

製品仕様

1540製品仕様



レーザー照射後の皮膚について

照射後は写真のように照射跡が出来ますが、肉眼ではかなり近距離でないと分かりません。

非常に小さなかさぶたのようなものです。

1540 LAZR



ご覧になりたい項目をクリックしてください。

施術前後

1540施術前後

ニキビ跡

1540ニキビ跡

リジュビネーション

1540リジュビネーション

しわ

1540しわ

手術後の傷痕

1540手術後の傷痕

妊娠線

1540妊娠線


フォトフェイシャル(IPL)

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Plused Light)という光を顔全体に照射し、しみやしわ、くすみ、そばかす、ニキビ跡、赤ら顔など、さまざまな肌のトラブルを改善する最新の美容医療です。皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させるなどリジュビネーション(若返り)効果もあります。

IPLフォトフェイシャルの光はメラニンや毛細血管などの対象部分にだけ反応するので、素肌へのダメージを最小限に抑えることが可能。初心者にもトライしやすい人気の治療です。シミ、そばかす、にきび跡など複数の症状に効果があります。

気になるところにピンポイントで照射してシミを消すレーザーと違い、顔全体にソフトな光線をあてるのがフォトフェイシャルの特徴で、顔全体に点在する薄く細かいシミを治療する場合によく用いられます。

治療は、多少の刺激は感じますが、痛みは輪ゴムで肌を弾いている程度です。1回でも効果を実感できますが、4週間に1度、3〜5回程度の治療をおススメしています。

MaxG™ ハンドピース(IPL)

MaxG™ 概要

製品仕様

MaxG製品仕様

MaxG™ ハンドピース(IPL)

  • 老人性色素斑
  • 雀卵斑
  • 赤ら顔
  • スキンタイプ1~4まで施術可能


治療例
雀卵斑(そばかす)治療例

IPL治療

日光黒子(いわゆるしみ)治療例

IPL治療

雀卵斑(そばかす)としみ混在の治療例

IPL治療



Skintel

Skintel概要
Skintel

Skintel メラニンリーダーは、LEDの3つの波長( 640 nm, 700 nm, 910 nm )を使用し、皮膚の反射率を測定します。

測定された値が、MI(メラニンインデックス)値に変換(0-99)され、そのMI値により自動的に推奨パラメータ(パルス幅及びフルエンス)を設定します。

個人の肌の色調を測定することで最適の出力を設定できます。

症例はこちらをクリックしてください。

症例写真

Skintel症例



びとう皮膚科の美容皮膚科ページ 三ノ宮から徒歩3分 夜7時30分まで診察
スタッフ募集中-びとう皮膚科クリニック

診療時間

  • 午前診
     10:00~13:00
  • 午後診
     16:30~19:30
  • 土曜日
     10:00~13:00

受付時間

  • 午前診
     12:45 まで
  • 午後診
     19:15 まで

休診日

  • 木曜日午前
  • 土曜日午後
  • 日曜日
  • 祝日
ページのトップへ戻る